トップページ
協会案内
会員一覧
教育活動
教育体系
研修会
研修会詳細
研修会活動実績
出張講座
通信教育講座、情報・出版活動
チェッカーフェスティバル
商品活動
入会のご案内
イベント案内
情報ライブラリ
リンク集
もったいない0プロジェクト
食べ物と放射性物質のはなし
FOOD ACTION NIPPON みんなで食料自給率アップ
コプロ株式会社
AJSは、スーパーマーケット専門教育機関として会員企業のレベルアップに取り組みます。
チェッカーフェスティバル
チェッカーとしての誇りと自信
チェッカーフェスティバルとは、AJS会員企業各社ナンバーワンのチェッカー(レジ担当者)が一堂に集まり、日ごろの接客技術を競い合う一大イベントです。
チェッカーの総合的な技能向上はもちろん、お客様の視点に立った「感じのよい」接客を目指し、日頃の業務への動機付けとなること、また、接客に対する意識を高めることで、全従業員の接客レベル向上を推進します。
フェスティバルは、日頃の成果の発表のみならず、他企業の接客からも学ぶ機会であり、出場者・参加者をより一層の接客レベルアップへと導きます。
また、出場者・参加者あわせ総勢700名以上が集うAJS最大規模のイベントです。
競技内容
2名のお客様役に対し、普段のチェッカー業務を実演します。
お客様役によって、日頃の業務で想定される様々なシチュエーションが再現され、その対応が試されます。
正確性、速度、丁寧な商品の取り扱いといった「基本的な技術」の体得をベースに、臨機応変な接客ができるかという「応用力」や、笑顔や温かさを自然に表現できているかといった「好感」がもてるかどうかが審査の大きなポイントとなります。
チェッカーフェスティバルの歴史
チェッカーコンテスト
1981年、チェッカーの技術力向上と業務に励みを持たせることを目的に、第1回チェッカーコンテストを開催いたしました。その後、毎年開催を継続し、過去23回にわたりコンテストを開催してまいりました。
チェッカーフェスティバル
チェッカーを取り巻く環境も時代と共に変化します。スキャニング式のレジに移行し手入力がなくなる一方、お客様から求められる接客レベルはどんどん上がっています。そのような中、チェッカーコンテストも「基本的な技術」をベースに「感じのよい臨機応変な接客」ができるかどうかに焦点をあてたものに変わり、名称も「チェッカーフェスティバル」と改めました。第1回は2005年に開催し、その後毎年開催しています。   

ページトップ