トップページ
協会案内
会員一覧
教育活動
教育体系
研修会
研修会詳細
研修会活動実績
出張講座
通信教育講座、情報・出版活動
チェッカーフェスティバル
商品活動
入会のご案内
イベント案内
情報ライブラリ
リンク集
もったいない0プロジェクト
食べ物と放射性物質のはなし
FOOD ACTION NIPPON みんなで食料自給率アップ
コプロ株式会社
AJSは、スーパーマーケット専門教育機関として会員企業のレベルアップに取り組みます。
出張講座
AJS事務局員が講師として会員企業へ直接出向き、現地で開講いたします。
パート社員を含めた全社員を対象に、「実務の基礎知識」を徹底指導いたします。
一斉教育のため、低コストで効果が高く、全社員のレベルアップを図ります。
年間約290回以上にも及ぶ出張講座が実施され、年間参加者数は約10,000名に及びます。

主な内容と受講対象
主な内容と受講対象

出張講座の概要
部門別基礎講座
●実施部門:青果、海産、精肉、グロサリー・日配、惣菜
セルフサービスの意味や食生活の変化、品揃えの基本や生鮮食品の重要性など、スーパーマーケットの本質および役割を確認。
パート社員にいたるまで、各部門に即した必須知識を学びます。
部門別マテ・ハン講座
●実施部門:青果、海産、精肉、グロサリー・日配、惣菜
マテ・ハンの基本を、商品や売り場と直接関わる作業(検収から商品作り、
クレンリネス作業に至るまで)を中心に、ローコストオペレーション実現
のために運営方法を学びます。



マテ・ハンバックヤードチェック
バックヤードにおける作業の効率化をはかるために事務局講師がチェックを行います。
バックヤードの設備配置や作業手順・流れをチェックし、写真・コメントによる報告書をもとに、問題点および改善案を提示・解説し、生産性アップ・コスト削減へ導きます。

【マテ・ハンとは】
マテリアルズ・ハンドリングの略。一般的にはモノの搬送・取扱を効果的に行うための技術・方法のこと。
チェーン・ストア業界では、マテリアルとは商品を意味し、ハンドリングとはその商品の店内での取り扱い方、処理方法といった意味合いを指す。検収、店内移動、保管、商品化、値付け、品出し、陳列、返品などがその具体的業務である。
店内オペレーションのうち、直接、商品にかかわるオペレーションの総称、これがマテ・ハンである。

作業改善講座
●実施部門:青果、精肉、グロサリー・日配
売場、作業場のあるべき姿を維持しつつ、生産性(人事売上高)を高めるために、
店舗の問題点を明らかにし、改善に取り組みます。
「あるべき姿の明確化」「正しい作業手順」「効率の良い部門運営」「適正な人員配置」を学びます。
職位別基礎講座
●チーフ基礎講座、店長基礎講座、バイヤー基礎講座
AJS基礎研修会のチーフ基礎、店長基礎、バイヤー基礎研修会の内容をコンパクトにまとめた講座です。
スーパーマーケットの役割を含め、各職位に求められる基礎知識の習得を目指します。
店舗チェック&ミーティング
出張講座で学んだ内容が、現場で実現できているかを(店舗運営部に代わり)事務局講師が店舗単位にチェック。
問題点を摘出し、改善するための相互ミーティングを行います。
店長のためのクレーム対応出張講座
現場の最前線で苦情・クレームに直面する店長の対応能力向上を目的としています。 苦情・クレームを申し立てられたお客様に接する際の心構えや法令関係の解説などの基礎的な内容にはじまり、店内事故・商品・接客など、苦情・クレームの属性ごとの対応手順の提示まで、店長が身に付けるべき知識を一通り網羅します。
チェッカートレーニング
発声などの基本訓練から、レジ機での実習、社内チェッカーコンテストの実施、店舗での実務チェックと指導にいたるまで、チェッカーのレベルアップ、動機付け、モラールアップを図ります。
接客力向上講座
接客レベルの向上はレジ部門のみでなく店舗全体を挙げて行うものです。近年売場における接客についても、ますます重要性は高まってきております。また、営業時間の延長から、特に夜間の接客レベルの維持を課題とする企業様が増えています。本講座では「店舗における接客の要は店長である」と考え、(1)店長の接客力を向上する (2)接客における店長の指導力を向上するーこの2点を目的にプログラムを構成しています。
入社時研修
各企業の入社時研修の一環として、新入社員を対象に実施します。スーパーマーケットの基礎的な知識(SMの理解、衛生管理、各部門の基礎)習得を目指します。
新店オープン時研修
スーパーマーケットの基礎知識や衛生管理などの内容を盛り込み、新店オープン前に実施。
従業員のモチベーションアップや、初心者のパートタイマーの方の意識改革にも効果的です。
学生向け業界セミナー
就職活動中の学生を対象に行われる学生採用説明会で、事務局講師が小売業やスーパーマーケットに関する講義を実施します。 スーパーマーケットを正しく理解していただく上で効果的な内容となっています。
店舗開発
作業をスムーズに進めるためには、マテ・ハンの習得だけではなく、カートなどの省力機器が機能する作業場であることが重要です。勉強会を通じてだけではなく、各社の条件を考慮したバックヤードレイアウトの提案、更には店舗における改装計画、新規出店におけるプランの提案など、本格的なスーパーマーケットづくりを支援いたします。

ページトップ